2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2008年
2007年

こぶし回して『事故ゼロ』津幡の歌手三輪さん一日署長に H.20.9.19北國新聞より

津幡町能瀬在住の演歌歌手、三輪一雄さんが、21日に始まる秋の全国交通安全運動に合わせて、事故防止の願いを込めた「北国の春」替え歌を作詞した。
18日には津幡署の一日署長として、署員や町内のお年寄りと熱唱。歌詞には信号順守、横断時の左右確認が盛り込まれ、三輪さんは高らかにこぶしを回して「事故ゼロ」を訴えた。
歌詞づくりのきっかけは、今年夏にゲスト出演した祭りの会場で、警備の指揮に当たっていた。
澤田秀樹署長の姿に心を打たれたことで、「歌の力で地域の交通安全に貢献したい」と申し出て、意気投合したという。
三輪さんは18日、津幡署で一日署長の委嘱を受けた後、津幡町総合体育館で開かれた高齢者交通安全教室に駆け付け、講話を交えながら、参加者と替え歌を合唱した。三輪さんは「次は(来年の)春の全国交通安全運動で歌いましょう」と、互いに無事故での再会を呼び掛けた。